HOME > 患者様の声 > 鼻炎

患者様の声 鼻炎

花粉症の意外な原因は?信じられない!カンジダとは!


3月初めに鼻水、クシャミ、目のかゆみ、顔が赤くなる、花粉症と同じ症状なので以前、除去していただいたので、また花粉症になったのかと思い治療に行きました。

花粉症の検査をしても全然、出なかったので花粉症ではなかった。
カンジダ菌によるものと言われカンジダ除去治療をしていただきました。
最初は変化は出なかったが3、4回と回数を重ねていると少しづつ症状が楽になりました。
初めは治療すると足が痒くなった。過去に水虫治療をしたのですが完治してなかったので症状が発生した。カンジダ菌は粘膜内に繁殖し体内に拡がるそうです。
痒いので掻くと赤い湿疹が出るようになるのもその影響などと驚きました。10回程すると掻いても以前とは違い少し赤くなるだけで足の水虫も良くなりました。

院長のコメント

鼻水、クシャミ、目の痒みなどアレルギー疾患に悩まされているお方は多いと思います。

その原因は花粉など外部環境によるものと思いがちです。
現代医学もアレルギー疾患と診断する、それが常識になっているのではないでしょうか?!

ところが自律神経(交感・副交感神経)アンバランスによるアレルギー症状もあるのです。
気温の差(寒いところ→暖かいところへ移動、またその逆)、風呂に入ったらクシャミをする。起床時、寒い朝は必ずクシャミが出る等、自律神経アンバランスが原因なのです。

もう一つの原因としてカンジダ感染によるアレルギー疾患があります。
カンジダ繁殖の原因は甘い物の摂取過剰、不適切な食生活、抗生物質乱用などです。

アレルギー疾患の原因は多岐に亘るという事を認識して頂きたいものです。

最後に一言
カンジダの施術、当院は可能です。
方法はシークレット。
水虫もご相談下さい。
臨床実績多数ありです!


めやに 目のかゆみ 痛み くしゃみ 花むずむず


上に書いた様な症状が出て、最初は花粉症かと思って来たら、あごが問題でした。
今はめやにも、目のかゆみ、痛みは全然なくなりました。
くしゃみや鼻むずむずは多少あるけど、とても楽になりました。
あごが問題でこんなに楽になるとは思いませんでした。

院長のコメント

中学生のA子さんです。

目の痒み、鼻ムズムズ、クシャミ等の症状でした。

一般的にはアレルギーでしょ!

でも、今回のA子さんのケースは違っていました。
自律神経アンバランスによる症状でした。
アレルギーとは限りませんよ!
一回の施術で寛解しましたよ!

その後、数週間して、今度は咳が頻繁に出て夜も大変なことになりました。
修学旅行(沖縄)が迫っている時期でした。

2回施術、無事に修学旅行に行って来られました。

修学旅行から帰って後、咳の方は大丈夫のようです?
再発したら、直ぐA子さんのお母さんから予約がはいりますからね!


副鼻腔炎(蓄膿症) 30代 女性


風邪をひいて、耳が痛くなり、耳鼻科に行き、切開をして、次に歯茎が痛くなり、何回か通いましたが、虫歯でもなく、ヨコヤマ先生の所に行かせてもらいました。
先生に治療していただき、2~3日で鼻水が出てくるようになり、うそだったように楽になりました。
左顔面が麻痺して、何をするにも嫌なくらいでした。
病院では、毎日、点滴が必要とまで言われていたので、早くヨコヤマ先生に治療してもらえばよかったと思いました。
病院で毎日点滴にならず、とても元気になりました。
先生、本当にお世話になりありがとうございました。
これからもよろしくお願いします。

院長のコメント

倉敷市 36歳 女性(次女Sさん)

ご実家は岡山のお方です。
岡山の宮○さんです。

姉(長女)のご紹介で宮○さんとSさんは来院されるようになりました。

副鼻腔炎のため顔も相当の痛みでした。
連鎖球菌が関係していました。

上記の疾患も対応しております。
世間一般的な整体、治療術とは一線を画した不思議な施術をやっていますよ~。
お問合せお待ちしております。



岡山市 主婦 20数年来の腰痛&痺れ




二十何年もの長い間 足の痺れと腰痛に悩み何軒も病院に通いすべり症と言われ一生治らないと言われました。
娘がヨコヤマ治療室に通っていてお母さんも一度行ってみたらって言われ連れて行ってもらいました。すべり症ではなかったのです。
先生に診てもらい長い間の痺れが一回の治療で嘘のように治りました。
もう一つ鼻炎もひどく長い間、薬に頼り原因を探してもらい2回で治りました。
身体が楽になり痛みが取れた時は嬉しくて涙が出そうでした。
痛いのは自分しか分からないですよね。
娘と先生に感謝しています。heartmobaq

院長のコメント

腰痛の他に長年に亘る鼻炎で困っていらっしゃいました。
雨の降る前日から鼻炎が酷くなったり、スーパーの冷凍機の周囲でも鼻炎が悪化
していたそうです。

この方の場合はカンジダによってアレルギー症状が誘発されていました。
カンジダに対処する施術可能です。

後に鼻炎の再発が二度ありました。
原因は風邪によるもの、もう一つは自律神経アンバランスによる鼻炎、クシャミ、鼻水、涙目(左)でした。
自律神経アンバランスは硬膜の歪みを取って、脳脊髄液循環を正しくしてゆく操作を行って改善しました。この時は最後に仙腸関節体重軸受け部の分離を取りました。


1