HOME > 施術テクニック > ヨコヤマ治療室の施術テクニック

施術テクニック

一覧へ戻る

ヨコヤマ治療室の施術テクニック

  1. まず症状の原因を見つける
  2. 次にその原因を除く施術を行う
  3.  施術は主に手技(手で刺激する)で行う
     刺激はソフト且つ安全・安心
  4. 施術概念はカイロプラクティックを主体に当院の治療概念を組み合わせる

一番、重要な事は患者さんの主訴(ここが痛いなどの症状)を伺った(問診)後、その症状の原因を各種検査で探し出すことです。
治療法(施術法)は大事ですが、それよりも重要な事は的確な検査による原因探しなのです。
原因を見つけ出すこと、そしてその原因を治療法(施術法)で除去することが重要です。
治療法(施術法)は例えるならば機械を治すための道具(工具)なのです。
道具(工具)も大切ですが機械のどこに故障の原因は存在するのか、それを見つけ出さなくてはなりません。この見つけ出す作業、それは検査です。
工具も大事、検査も大事、どちらも大事ですが、検査優先で行くべきです。
自律神経整体の創始者、岩城先生は検査8割、治療2割と仰っています!

重要なのは施術法よりも検査法になります!

症状の原因として下記1~4のカテゴリーの中で、どの項目が優先されるかを検査します。

  1. 身体構造(硬膜の歪み、脳脊髄液循環の悪化、関節の問題、、筋肉・腱・靭帯、内臓など)
  2. 生体化学(アレルギー、感染、寄生虫、毒素、不耐症、栄養不足、腸内細菌など)
  3. 精神・心理(不安症、パニック、恐怖、恐怖症、トラウマ、出来事など)
  4. エネルギー(電磁波、ジオパシックストレス、放射能、経絡、チャクラなど)

施術は①~④のカテゴリーの中で一番優先される問題から取って行きます。


施術法として以下の治施術概念を使い分けます。

①カイロプラクティック (SOT、STO、ハーモニック)
②キネシオロジー(ウエルネス・キネシオロジー、本間DCキネシ、アプライド・キネシ)
③フィシオエナジェティック
④遠絡療法
⑥自律神経整体
⑦リコネクション
⑧NAET
⑨NESセラピー
⑩元極学
⑪バイオキネティック
⑫オリキュロセラピー
⑬トルクリリース
⑭ボディート-ク(基礎、生体化学)
⑮野口整体
⑯シータヒーリング



一覧へ戻る