HOME > 院長ブログ > アーカイブ > 上肢の痺れと痛み

院長ブログ 上肢の痺れと痛み

両腕の痛み 67歳女性 早期回復しました。


倉敷市児島から来院

主訴:両腕の痛み&ダルサ
  その他、頭痛、めまい、目の奥の痛み

息子さんご夫婦の紹介で来院されました。

両腕の症状で困り果ての状態でした。

初診 8月5日
次回の予約(8月12日)を取られて帰られました。

施術部位は
蝶形骨、頚椎7番、顎関節、大腰筋、CV-4、後頭底圧縮1番、頚椎1番、梨状筋(左右)
、後頭骨、梨状筋(左)、後頭底圧縮7番、側頭骨、仙腸関節体重軸受け部 分離。

しかし8月9日、受診後、2~3日してから楽になったので8月12日、キャンセルしたいとメール連絡がありました。
メール内容は下記をクリックしてご覧ください。

早期回復の一例です、その他の方に同様の回復を保証するものではありません。

20170814135629-81178daa55b4aaea4863bf78e852cda6b5174b4c.docx

頚椎椎間板ヘルニアと診断された患者Kさん!


岡山市より来院されたKさん47歳の男性

勤務先 工業団地の別会社のお方の紹介で来院

主訴は左上肢の痺れと痛み
頚部と肩も痛いとのこと

整形外科で診てもらって頚椎椎間板ヘルニアと診断されたとのこと!

7月7日初診
7/14 2回目
7/22 3回目 この時点で左上肢の痺れと痛みは10→2に寛解
 左肩は未だ痛むとのことでした
 首を伸展すると症状の増悪があります

計3回の重点施術部位は仙腸関節体重軸受け部でした

当院の診方では頚椎椎間板ヘルニアを原因とする症状ではありませんでした

意外なところに症状の原因は潜んでいます
原因探しがとても重要ですね!

今後も施術を継続して行いますが次回は2週間後の来院予定です




1

« マラソン | メインページ | アーカイブ | 下肢の痛み »