HOME > 院長ブログ > アーカイブ > 下肢の痛み

院長ブログ 下肢の痛み

休業日ですが!往診しました!



二十数年来の患者さん、Sさん84歳のご自宅へお迎えに行き、治療室で2週間に一度のメンテナンスをさせて頂いておりますcar

メンテナンスの始まりはSさん、ご自宅で尻もちをついて、右下肢の強い痛み、右臀部の痛み、就寝時は右膝を伸ばせなくなり、歩行も困難になったからです。
この時はご自宅へ往診して施術しました。
幸い2回の施術で良くなりました。

上記の体験を経て、2週間に一度、治療室でメンテナンスをさせて頂くことになりました。

本日6月22日は○○腺、肝経の施術、腰椎4番の反応性僧帽筋の施術、病巣(副鼻腔炎)の施術を行いました。
お腹が活発に動き出してガス(屁)が一杯出ましたdash

不思議ですがベッドに横になって暫くすると、右下肢のダルサ、腰の違和感、喉のチリチリが出てきました。

他の患者さんでもこのような経験をよくしますsign02

問題を知らせてくれているようですね!

腰痛歴 15年 男性64歳 倉敷市玉島より来院




慢性腰痛が6月5日悪化
6月6日、病院へ
鎮痛剤服用

痛みで歩行不可
左下肢痛あり

当院へ
6月9日初診
6月14日、2回目、来院
両日共に杖をついて来院

6月20日、3回目
今日は杖なしで来院された。

次回、2週間後の来院をお奨めnotes

6年振りの来院 Cさん54歳 右脚の激痛





6月20日、倉敷市真備町より来院されました。

お久しぶりですshoe

10日前から右坐骨~右大腿部外側にかけての痛みの為、右膝を曲げて就寝!

痛みで熟睡出来ない状態で来院されました。


歩行姿勢は前傾気味!

施術中も仰向け姿勢の場合、右膝を屈曲した状態を保っていました。

最後の施術ポイントは仙腸関節体重軸上部分離(右側下部の関節分離)でした。

頚椎4番左のインディケーターは鋭い圧痛あり。
4番を刺激すると右下肢大腿部に放散痛あり。

仙腸関節体重軸上部分離を施術後、歩幅(狭い→広い)改善、腰も伸びました。

今夜はゆっくり、眠れますよnight 長さん!

最近、とても多いです。仙腸関節体重軸上部分離の患者さん、とても多いですupwardright

6月26日 2回目
20日の施術後、痛みは軽減、仰向けで眠れるようになったとの事。
しかし未だ右臀部の坐骨に近い部位に痛みが若干、残っているので来院されました。
本日も最後に仙腸関節体重軸受け部、分離を調整。
前回は左短下肢、今回は右短下肢に変化していました。
順調に回復しています。

1

« マラソン | メインページ | アーカイブ | 仙腸関節体重軸受け部 »