HOME > 院長ブログ > アーカイブ > 顎関節症候群

院長ブログ 顎関節症候群

ひどい!めまい 意識薄れ 倒れた

倉敷市黒崎より来院

男性30代




10年前、めまいを発症
その時、意識を失い倒れた、完全に意識は失っていない状態!
嘔吐もあったそうです。

マウスピースを使用してめまいは治まる
耳鳴りは続いたそうです。

当時は岡山市内勤務のため、市内の整体(顎の治療を得意とする)へ通う

転職後は倉敷市内勤務

本年、夏・・・めまい再発 倒れる
さらに12月中旬、また めまい発症

上記経過の中
12月15日(初診)当院へ来院

15日の施術内容は
後頭底圧縮1番、梨状筋(左右)、頚椎1番、顎関節、SBS、仙骨伸展、大腰筋、後頭底圧縮7番、尾骨、CV-4、頚椎7番。

最後にSOT、カテゴリー化。CATⅡ:仙腸関節体重軸受け部の分離を施術。

ご本人も顎の歪み(顎関節症候群)が症状に関係しているのではないかと思い、今まで岡山の整体へ通っていたとの事。
今は倉敷市内勤務の為、倉敷市内の治療院を探して当院へ来院されたそうです。

次回来院は12月20日

今後の経過を載せてゆく予定!




右顎の痛み 歯ぎしり 41歳 男性



昨年H28年12月26日
初めて来院された市内粒浦の男性のケース。

右顎の脱臼を過去5回、罹った経歴のお方です。

本日7月5日、2回目の来院(約6か月強ぶりの来院)でした。

今回の主訴は右肩、右上腕部の痛み。

標題のテーマである顎の症状は12月26日の施術後、2日のち、劇的に取れてしまい、その当時の驚きの気持ちを伝えて下さいました。

感激して約50人のお方にヨコヤマを宣伝したそうです。

ありがたいお話しを伺いヨコヤマも感激した次第でありますheart02

全てのお方にこのような劇的な効果が出るとは限りません。
ご了承下さい!

追記
7月7日、エキテンに投稿して下さいました
memo




2年振りの来院 腰痛 51歳 女性



H27年6月26日、初診のKさん!

H29年6月16日、2年ぶりに前回と同じ症状(主に腰痛)で来院されました。

腰痛の他に顔面のピリピリとした痛み、左側奥歯痛(上下)もありました。

再診日6月16日、尾骨、頭蓋骨(蝶形後頭底結合、側頭骨など)、顎関節などを調整後
仙腸関節体重軸上部分離の施術さらに経絡(膀胱経、虚)を調整して終了!

6月19日、2回目
腰の痛みはスッカリ取れたが歯の疼きは未だ残っているとのこと。
今日は、この後、歯科で予約を取っているので、そちらへも行かないと・・仰っています。

歯科では虫歯もないし、歯茎も大丈夫だし、歯の痛みの原因は???だそうです。

このような原因不明の歯の痛みは顎関節症候群に当てはまりますgood
Kさん、当院の説明に納得顔でした。

余談ですが本日(19日)初診の倉敷市片島のSさん、右肩甲骨・右肩・右腕に痛み、首の痛み、頭痛、眼の奥の痛み、腰痛(以前、ヘルニアと言われた)、呼吸が苦しい(吸気、呼気がスムースに出来ない)など多くの症状を訴えられて来院されました。

Sさんのこれらの症状は仙腸関節体重軸上部分離が原因でした。
頚椎圧迫テスト、アームフォッサテスト、共に陽性!頚椎4番左横突起の圧痛も顕著!でした!
調整後、上記テストは全て陰性反応になって、Sさんはとてもびっくり、さらに感激、さらにハッピーな笑顔で帰宅されましたsmile


1

« 頭痛 | メインページ | アーカイブ