HOME > 院長ブログ

院長ブログ

急性の腰痛、27歳と53歳!男性の症例です。

27歳、Aさんのケース
3月25日、数年ぶりの来院です。

3月23日(土)仕事中に重いものを持ち上げた際に腰砕け状態に!
25日(月)弟さんの運転で来院。

先に弟さんが入店。
Aさんは前傾姿勢でユックリユックリと歩を進めて来院されました。

3/25と3/29日の計2回の施術で仕事に復帰されました。
3/25は蝶形後頭底結合、後頭底圧縮、頚椎1番と7番、大腰筋、顎関節などを施術後
カテゴリーライズを行い、CATⅡ(仙腸関節体重軸受部の分離)のアプローチ。

3/29は上記の施術ポイントに尾骨、梨状筋の施術を加えて、CATⅡ(仙腸関節体重軸受部の分離)を施術して終了。

53歳Sさんのケースは!
4/1(月)初診
3日連続で某治療院(保険適用)に通院後、来院されました。腰痛ベルトも購入されていました。

Sさんの施術ポイントは
脳室圧縮(CVー4)、大腰筋(左右)、顎関節、後頭底圧縮1番、BASICⅢ、蝶形後頭底結合、
後頭底圧縮7番、頚椎7番、蝶形後頭底結合、蝶形骨、頚椎1番、大腰筋(左)を施術後
仙腸関節体重軸受部の分離を施術して終了。

二回目の4/3(水)はCVー4、後頭骨伸展、大腰筋、蝶形後頭底結合、BASICⅢ、仙腸関節体重軸受部の分離を施術。
この日は施術ポイントは少なかった!

Sさんは4/5(金)から仕事に復帰されました。
本日4/9現在、お二人から、腰痛再発の連絡は入っておりません。

お二人共、腰痛の大きな原因は仙腸関節体重軸受部の分離でした。
腰椎の歪みを原因とするコジレタ腰痛もありますが、お二人は比較的、軽い腰痛でした!

腰痛、その他の症状等でお困りのお方、お気軽にお問い合わせ下さい!





口の中、舌がピリピリする!体臭が気になるなど!

岡山市から来院されました。

46歳、主婦Y子さん。
主訴;腸の不調、体臭(玉ねぎ、煙の匂い)、便秘、お腹のはり、食べれない→反動で食べ過ぎる、冷えなど。

1月8日初診
1/16、1/21、1/29、2/12、3/6の計6回、施術。(3/8現在)
1/21までは筋骨格系の施術を主体に行う。
その他、カンジダ、耽溺(依存症)、ミネラル、必須脂肪酸、アミノ酸欠乏、酵素欠乏、精神心理(HCCT:2番の恐怖症)の施術を行う。

1/29の施術は胸椎4番(胆嚢)左の固有受容器分裂を融合。
胸椎4番左は胆管症候群:頻繁にストレス状態を引き起こす。胆管狭窄。ガスで一杯になる(胆汁の欠乏による消化不全が原因)
施術はDCリース教本のマニュアルに沿って頚椎3番左、経絡(小腸兪、関元の過剰エネルギーの排泄)、胸骨・肋軟骨結合と肋骨・肋軟骨結合の固有受容器を融合。オッディー括約筋を弛緩させる。冠状縫合神経プール受容器の融合などの施術を行った。

1/29の施術後は帰宅してから夕食の準備を出来ないくらい眠くなって、息子さんに弁当を買ってきてもらったそうです。

2/12の施術はチャクラ、電気過敏、胸鎖乳突筋筋機能亢進、自滅腺の施術。

3/6の施術は胸椎3番左(肺)、肝臓の毒素キレートを実施。

世間で騒がれる、あの花粉症(原因は花粉とかアレルギーと言われているが、当院はその説には懐疑的です)
アレルギー反応の検査で陽性反応も出るケースもありますが、多くは胸椎3番(肺:呼吸器)の問題が多いと考察しております。

胸椎3番の固有受容器を融合する時にDCリースの考案の周波数である肺Ⅱを追加して融合します。

肺Ⅱ:雑種花粉、異常免疫反応
過敏性アレルギー、小麦塵肺アレルギー、ヒスタミン反応・セラトニン反応・アセチルコリン反応アレルギー、化学薬品・薬剤アレルギー、蕁麻疹過敏性アレルギーなどの周波数を併用しております。

幸い、Y子さんの舌のピリピリは寛解しました。



電磁波 放射線 電気過敏などのストレス!

施術の流れの中で

電磁波、放射線などの陽性反応の出るケースがとても多いこの頃です

本日、倉敷市玉島から来院のKさん(39歳女性 本日初診)
電磁波検査で陽性反応が出ました。

放射能、電磁波などの施術は
ニューライフリメディ(放射能、電気過敏のリメディ)
NES マイヘルスのRadio Radiation(電磁波:波長0.5cm~30.000m)とEMF(electromagnetic Field:コンピューター、携帯電話、電子レンジ、ワイヤレス機器)などの波動を使って施術しております。

Kさんは普段からパソコンのキーボードに触れただけで手指にビリビリと感じるそうです。

本日の施術で今後、どのような結果が出るか(例えばPCのキーボドに触れても過敏反応がでなくなるかどうか?)
一週間後の来院で判明します!

口内炎!くちびる、舌の痛み!

2月15日、2ヶ月ぶりの来院です。

16歳、女子高校生(M子さん)
祖母様と来院。

M子さんから施術開始。
カンジダの陽性反応あり。
次に胸椎5番の左、固有受容器の問題:胃の分泌問題を見つけました。
DCリースのマニュアルの通り、左手の蹼に圧痛あり。
また問診で心臓あたりの不快感はありませんでしたか?と聴くと!
不快感があったそうです。
心臓が悪いと思い込むそうです(胸椎5番左の問題は)、しかし心臓の問題ではありません。

胸椎5番の調整後
経絡の大腸兪と天枢の過剰エネルギーを排出。
さらに頚椎4番左などを調整して終了。

祖母様の主訴は下部肋骨(左右)の痒みと腰痛。
最初にカンジダの陽性反応あり。
次に胸椎6番Aの左、固有受容器の問題を見つける。
ここは膵臓インシュリンの問題です。
この問題があると右拇指球の圧痛と皮膚の問題(痒みと過敏)が出現します。
固有受容器を融合する。
次に頚椎4番左を調整。
肋骨の胸骨・胸軟骨結合と肋骨・肋軟骨固有受容器を融合。

施術後、祖母様の主訴は直ちに寛解しました。

M子さんの口内炎、くちびる、舌の痛みは残念ながら施術後は楽になったのですが16日~18日まで痛み、
18日(月曜日)、再度、施術する事になりました。
18日の施術は
毒素のキレート、カンジダの再施術。あとバクテリアと連鎖球菌に対処、HCCT(ハンドカラークラニアルテクニク)と栄養テクニック
及びチャクラ(星先生のリメディー使用)、キレート(左肺部の下葉)、最後に冠状縫合神経プール#4番(胆嚢)の施術を行い施術終了。
18日当日は夜もくちびるなどの痛みは残っておりましたが!
翌日以降は再発していません。

施術は
筋骨格系の歪みだけにアプローチすることなく
感染、毒素、内臓(内蔵に関係する固有受容器の施術)、チャクラ、電磁波、ジオパシック・ストレス、放射線、アレルギー、不耐症
など、体を細かく診てゆく事が肝腎です。

当院の施術は亡きDCリース(カイロプラクティックの天才施術家)とSOT創始者(ディジョネットDC)の治療概念をマダマダ消化しきれていませんが、使用させていただいております。
また最近、習ったオステオパシー施術家の星英之先生の治療概念に多大の影響を受けました。
ここに感謝する次第であります。




施術の流れ 何から施術を開始するか、これは重要です!

目の前の患者さんを施術するに当たり重要な事は?!

どの分類から施術を始めて行くか、その事が大事であると思います。

分類(カテゴリー)は多岐に亘ります!
下記カテゴリーの内、最優先の問題から施術を開始して行く、そのことが大切です。

例えば慢性的な腰痛患者さんを施術する場合
精神心理から始めるか、微生物から始めるか、チャクラから始めるか、それは一人一人、患者さんによって異なります。
どのカテゴリーから施術を始めるか?それは患者さんの潜在意識に質問することによって答えを出します。
筋反射テストで質問をします。
いろいろな筋反射テスト法があります。
ARテスト、ボディートークの手法、オーリングの手法など様々です!

現在、当院では下記のカテゴリーの沿って検査しております。
日々、研究研鑽を重ねて更に細かく、詳細に質問項目を増やして参ります。
その事が、より早く患者さんが健康に近づく方法であると考えるからです。

身体構造(四肢も含む。例えば関節炎):頚椎、頭蓋骨、骨盤部、腰椎、胸椎、顎関節など(硬膜調整は重要)
精神心理:不安、恐怖症、うつ、内因性うつ、パニック、過敏、依存症など
自己免疫:アレルギー、自己免疫疾患、不耐症
免疫欠乏:胸腺、脾臓、腸、自滅腺など
微生物:ウイルス、バクテリア、真菌、カンジダ、かび、糸状菌、ブドウ球菌、連鎖球菌、寄生虫、原虫など
TOXIN(毒):重金属、重炭素鎖、代謝毒素、薬剤毒素、化学毒素(殺虫剤、溶剤など)、ダイオキシン、アスベスト、ワクチン、マイコトキシン(アフトラキシンなど)、活性酸素など。
ホルモン亢進、低下:脳下垂体、視床、視床下部、松果体、甲状腺、上皮小体、胸腺、耳下腺、膵臓、精巣、卵巣など。
酵素欠乏
脈管:リンパ、静脈、動脈→静脈炎、静脈瘤、動脈硬化、血栓など
神経
チャクラ
経絡
病巣&口腔内炎症部位
瘢痕(SCAR)
血液
栄養:ビタミン欠乏、ミネラル欠乏、トレースミネラル欠乏、アミノ酸欠乏、必須脂肪酸欠、抗酸化物質欠乏
ジオパシック、放射線、電磁場、断層、超低周波、振動ストレス
内臓:内臓機能低下からの胸腰椎の固有受容器破損、炎症、感染、毒素、結石、潰瘍、膿疱など
自律神経障害

最後までお読み頂きありがとうございます。





首の劇痛!男性34歳!

倉敷へ転勤で来られた人です。

今朝ソファーに寝ていて、ちょっと腰を浮かした途端!
首に劇痛が走って時間の経過と共に更に悪化!

午後3時に電話予約で来院されました。

頭部は著しく左に傾斜しています。

施術開始。
最初にストレス除去。

後頭底圧縮
頚椎7番、5番、1番の調整。
顎関節。
大腰筋などを調整後
仙腸関節体重軸受部(CATⅡ)を解消。
クラニアル(頭蓋骨)の調整はしませんでした、珍しいケースです。

頚椎圧迫テストは陽性(この検査時、頭を下方に向けて圧迫すると痛み増悪しました。勿論、下肢挙上は不可)

仙腸関節体重軸受部を調整後、痛みは8割方、寛解。

来院は奥様の運転で来られましたが、徒歩で帰宅されました。

TMJ(顎関節)はもともと悪く、左側が時々、外れそうになるそうです。

メンテナンスを時々、受けると体調は向上しますよ!


膝の痛み!(左側)

1/30(水)三週間ぶりの来院。
32歳、女性。

三週間前も左膝と腰痛の症状を訴えていらっしゃいました。

特に膝の痛みが強く疼くそうです。

最初に精神のカテゴリーの施術・・・恐怖→トラウマのエネルギーを使用。
次にカンジダ除去。
チャクラ (喉)
栄養 ミネラル
チャクラ 太陽
毒素 ダイオキシン 薬剤
チャクラ 王冠

最後に左膝の関節炎の施術
原因は菌類かと思ったのですが、ウイルスで陽性反応がありました。
MK関節炎テクニックで対処しました。

次回、三週間後の来院予約をされました。

ひどい生理痛 PMS

本日、お二人の生理痛の患者さんを診ました。

お一人は今日で4回目の方。
当初の痛みは8割がた取れていました。

もう一人のお方は1年3ヶ月ぶりの来院です。
生理痛の為に2万円の漢方薬を服用されています。

お二人に共通する事ですが、毒素の問題、酵素不足、ミネラル、アミノ酸欠乏がありました。
チャクラの修正も実施。
微生物はカンジダ感染が潜んでいました。

カンジダは泌尿器の症状の他に
PMSなどのホルモン異常を引き起こします。

生理痛でお困りのお方は当院の検査手法で、その原因を取り除かれてはいかがでしょうか?


めまいの患者さん、39歳の奥様!

先週の15日(火曜日)、約8ヶ月ぶりの来院。
本日1/25、めまいが再発して来院されました。

検査を開始
まず、精神心理的な問題から施術を開始
バッチフラワーエッセンスの波動、水晶IG82、栄養ハーモニックでストレスに対応。

次にカンジダ、真菌を処理。
それからTOXINを肝臓と左腎臓からキレート。

次にカイロプラクティックの手技でCSF循環をスムースに!
腰椎3番の左下方変位を最後に修正。

締めの施術は胆嚢の内臓手技でした。

施術途中、何故か患者さんのIさん、涙を流していました。

何か心の解放が起きたのでしょうか?

補足として次に診た患者さんのケースも記述しますね。
主訴は腰痛。
3ヶ月ぶりの来院。

ストレス除去から開始。
次にカイロプラクティックを行い、最後のポイントとして仙腸関節体重軸受部の離開にアプローチ。
次に再度、精神心理の問題を見つけて。
HCCT(ハンドカラーカイロプラクティック テクニック)を行う。
HCCTの11番、身体角の精神無力症に対応。
最後の手技は
アレルギ、豚肉(大好きだそうです)とナッツに反応。
アレルギー除去をハーモニックで実施して終了しました。

体の問題は多岐に亘る原因で悪化していますね。

毒素ではダイオキシン、重金属、化学毒磯、薬剤毒素。
酵素欠乏
栄養欠乏:ビタミン、ミネラル、トレースミネラル、アミノ酸欠乏など
自己免疫の問題:アレルギー、自己免疫疾患
免疫欠乏:胸腺免疫低下、脾臓免疫低下など

検査がとても大切ですね。

顎と耳の奥が痛い、さらに慢性的な頭痛!

倉敷市内より来院されました。

32歳の女性Kさん

エキテンのクチコミ投稿を参考にして来院の運びとなりました。

Kさんもエキテンに投稿して下さいましたので投稿内容を下記にコピーをしました。


投稿日:
びっくり!
4.0
4.0

以前より顎関節症で、マウスピースの治療をして一旦は改善したのですが、最近になり耳鳴りを伴うようになり、ほかの治療法はないかとネットで調べていたところ、こちらで顎の痛みが改善したという口コミをみて、予約しました。
皆さんの口コミの通り、不思議な施術ですが、効果は◎で、今では耳鳴りや顎のだるさはほとんどありません。頭痛もちで、ひどい時は薬を飲んでいましたが、最近はほとんどありません。
内臓も良くなりますよと先生がおっしゃっていたので、これからも引き続きお世話になりたいです。
また近いうちにお伺いします(^^

  • エリ

施術は計3回実施。
初診:7月25日
2回目:8月3日
3回目:8月13日

エキテン投稿日は9月9日でした。
8月13日から9月9日まで、来院はありませんでした。

脳脊髄を包む被膜である硬膜のゆがみにアプローチする施術をメインに行いました。


 




12345678

アーカイブ