HOME > ビフォーアフター

ビフォーアフター

下肢 アライメントの変化

主訴は腰痛と右臀部&右下肢の痛み。初診:5月21日 頭蓋骨、仙骨、顎関節、尾骨などを調整後、腰椎の歪みを改善するためにSOTブロック、CATⅢ 右坐骨後方変位を調整。この日の施術後は下肢のアライメントは変化なし! 5月28日、2回目の施術。頚椎1番の調整から開始。後頭底圧縮、頭蓋骨、仙骨、顎関節など調整後、SOTのCATⅡ 仙腸関節体重軸受け部の分離を調整して施術終了。この日は施術後、両膝の蟹股、両足の外旋が変化しました。頭蓋骨、脊柱、骨盤部の歪みが取れてくると下肢のアライメントは改善してきます!

詳細はこちら>>

レッグラインの観察は大事ですよ!そして施術後は変化して行きます!

足の開閉状態、脚のライン状態(膝の開き具合)などの観察は身体状態を知る上で重要です! 注意して頂きたいことことは膝蓋骨(膝のサラ)の位置の変化です!

詳細はこちら>>

手掌側の皮膚改善 進行形!

本年6月2日の画像です。 本年10月11日の画像。少し改善!便通も良くなりました。腸は大事です。

詳細はこちら>>

ギックリ腰、施術前後の姿勢変化!

11月15日、初診。13日 前屈時にギックリ腰を発症。14日は無理して出勤。 施術直後、痛みは未だ残っているが前屈の可動域は改善した。後屈時の施術前後の変化も画像でお確かめ下さい。

詳細はこちら>>

ギックリ腰と上肢挙上の変化

初診の施術前 前屈・後屈姿勢と左上肢挙上 2回目の施術後

詳細はこちら>>

傾斜姿勢 少し改善!

骨盤部は右側方に押されている。右肩下がり!仰臥位で左短下肢! 初診後の姿勢変化。骨盤部の右側方変位は少し改善!立位の前屈・後屈、回旋時の痛みは減少!

詳細はこちら>>

腰痛による姿勢の悪化 骨盤部が左に押されている!

ご主人の紹介で来院。他院で一年間通院!右鼠蹊部の痛み、右坐骨神経痛あり! 痛みの緩和は顕著ではありませんが仰臥位で下肢を伸ばしても楽になりました!姿勢も改善!

詳細はこちら>>

早期回復しました!

腰を伸ばすことができません! 一度の施術で腰は伸びました。痛みも解消!全てのお方が同じ結果になるとは限りません!

詳細はこちら>>

ギックリ腰

5月1日の連休中に奥様の運転で来院。今朝、ギックリになったそうです。施術中、右下肢を曲げて仰臥位で苦しそうでした。 施術中、右下肢を伸ばすことが出来ました。

詳細はこちら>>

12